月別アーカイブ: 2016年4月

胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓など

最近人気があるのが断食ダイエットです。ある一定の期間食事を摂らないのが断食というものです。絶食と言えば、宗教的な儀式や修業の一環、抗議手段や自分の思想を世間に訴えるために行われてきました。断食をダイエットやデトックスのために実践することが話題になっており、それは期限を決めて行う健康効果などがわかってきたからだといいます。断食をすることで内臓器官を一定期間休め体の調子を整え、ダイエットにつなげるという方法もあります。胃、小腸、大腸、肝臓、すい臓などは、1日3食の食事をしている場合には、休むことなくすべてが活動しています。効果的に機能をアップさせるために、数時間休ませるという方法もあります。身体の中から排出されきらなかった老廃物や宿便を断食によって効果的に出すことができるといいます。便秘解消はダイエット時によく掲げられる命題です。腸をすっきりさせることで、下腹の出っ張りが解消できたという人もいます。断食をダイエット目的でする場合に、プチ断食といって半日だけまたは1日だけ行うものもあるそうです。水以外は何も食べない断食ダイエットの他にも、酵素飲料やフルーツジュースのみといったダイエット方法もあります。体内から作用してダイエット効果を得ることができる優秀な方法が断食ダイエットだといえます。気をつけたいのは、断食ダイエットの場合きちんとした知識のもとで正しい方法で行わなければ健康に悪影響を与えることがあるということです。

セレナ 買取相場

心の癖を治そう

まずは、この6つの心の癖の中で、どの癖が出やすいのかを自覚することが必要です。心の癖には2種類あります。・悪い心の癖 【我欲】「課長になれたからには次は部長をねらう。そのためには先輩の課長を蹴落とさなければ」といった間違った行動へ走らせるもの。

・よい心の癖 【自欲】「やっと課長になれたのだから職場をうまくまとめて高い成果をだしていこう!」といったモチベーションにつながるもの。よい心の癖は人間らしさを発揮する時のきっかけとなり促進作用を果たします。では、悪い心の癖が見つかったら、どうしますか?排除しますか?心の癖の対処法 このような「心の癖」とうまく付き合うためには、悪い癖を除去しようとする発想は現\実的ではありません。簡単に排除できるものではないからです。

多かれ少なかれ誰でもが持っているものであって、すべてをなくすことはできないからです。では、どのようにして悪い心の癖と付き合えばよいのでしょうか。それはホスピタリティの考え方に基づき、すべてを受け入れようとすることが必要です。悪い心の癖を「雑草」にたとえ、よい心の癖を「種」に例えて説明するとわかりやすいでしょう。

現状では、雑草が邪魔して芽が出せない。では雑草を刈るか?刈ってもまた生えてくる。このように悪い心の癖も同様で除外してもキリがない。だから、よい心の癖を伸ばすことにより成長が促進されます。戦略論でいう、弱みをカバーするためには強みを伸ばすという発想です。

ミュゼ 堺